睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、睡眠中に無呼吸を繰り返す病気です。
成人男性の7%、女性の5%程度が罹患していると言われています。男性では中高年に多く、女性は更年期の閉経後に増加します。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の主な症状とは?

SASの主な症状は、いびきや起床時の頭痛、日中の眠気が有名です。
いびきがあって日中眠くてもそれが病気であり、治ると思っている人が少ないのが現状です。そのためいびきを主訴に病院を受診する患者様が少なく、人間ドックで精査を勧められても半数近くが受診しないという報告もあります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断基準とは?

SASの診断は、睡眠中にどれくらいの呼吸が停止したり、低酸素になっているのかを検査し無呼吸低呼吸指数(AHI)という数値によって評価します。評価は軽症、中等症、重症に分類されます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療方法とは?

治療は原因によって異なります。肥満が最も多い原因ではありますが、鼻が悪かったり、扁桃腺が大きかったりすることが原因のこともあります。まずは原因となっている部位を特定し、原因に合わせた治療を行うことが重要です。代表的な治療としては、マウスピースや経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous positive airway pressure:CPAP)、手術があります。

睡眠時無呼吸症候群だと思ったら、お早めに水島耳鼻咽喉科へご相談ください

ただ眠いだけと思いがちですが、SASでは高血圧や脳卒中、心筋梗塞など重篤な合併症を併発する確率が4倍近くも高いことがわかっています。そのためただのいびきや寝不足と考えずに気軽に病院で相談することが重要です。

この記事を作成した医師のご紹介

水島耳鼻咽喉科 
副院長 水島豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月より水島耳鼻咽喉科副院長に就任。

市川大野駅から徒歩2分。
詳しくはアクセスをご確認ください。

外来
受付時間
午前9:00~
12:00
午後15:30~
18:30
  • ●院長診察日 ◯副院長診察日
  • 受付終了時間です。
  • 土曜午後、日曜・祝日は診察を行っておりません。
    ご了承ください。

ページ上部に戻る